ブラインド・ロールスクリーン等の専門通販ショップ ブラインド屋さん
ブラインドの事なら「ブラインド屋さん」へご相談ください!ブラインド以外にもロールスクリーン等の窓回り製品をメインに取り扱っております。お気軽にお問い合わせ下さい
Calendar Loading

  …休業日(発送はありません)

ホームブラインドの採寸方法について①

ブラインドの採寸方法について①

2014.10.30 担当:ゲンゾー

皆様、こんにちは!
木製ブラインド、ウッドブラインド激安通販のブラインド屋さんの
スタッフのゲンゾーです!

今回のブログ更新ですが、
わたくしゲンゾーが担当させていただきます。

今回はブラインドの採寸方法について紹介させていただきます。

ブラインドの取付け方法には、「天井付け」と「正面付け」の
大きく分けて種類あります。

天井付けは、窓枠の内側にブラインドを取り付ける方法になります。

メリットは、

ブラインドが部屋側に飛び出ず、スッキリした感じに窓回りをする事ができます。

デメリットは

後程ご説明する採寸の方法に起因しますが、
ブラインドを取り付けた際に、ブラインドと窓枠に隙間ができてしまい、
光が漏れることがあるという点です。

▼天井付けの画像
ブラインド天井付の画像

正面付けは、窓枠の外側にブラインドを取り付ける方法になります。

メリットは、ブラインドが窓枠を覆う形で取り付けますので、
光が漏れることが少なくなります。

デメリットは、ブラインドが部屋側に飛び出てしまうため、
圧迫感があるという点です。

▼正面付けの画像
ブラインド正面付の画像

なお、ブラインドを取り付ける際は、


「天井付け」と「正面付け」のどちらで取り付けるか

最初に決めていただきます。

次に、それぞれの取付け方法にあった、

採寸の仕方で、ブラインドのサイズを決定します。

それでは、本題の採寸方法をご紹介させていただきます。


<天井付けの採寸方法>

取り付け方法を「天井付け」に決定していただきましたら、

まずは、窓枠の内側の横幅と高さを測りましょう。

この時に、1か所だけ測るのではなく、

横幅でしたら、上側中間下側

高さでしたら、右側中間下側


計6か所、測ることをお勧めいたします。

理由といたしましては、
特に築年数が経過している建物ですと、
窓枠が歪んでしまっている可能性がありまして、 ブラインドを取り付けた際に、
上側は納まるけれども、下側がぶつかってしまって、
取付けができない等の場合もありますので、 こういたことを未然に防ぐためです。

採寸をしていただきましたら、

測っていただいた寸法をもとに、 ブラインドのサイズを決めます。

ブラインドのサイズの決め方としましては、
横幅は、「窓枠の内側の寸法 - 1cm~2cm」

高さは、測定した寸法または-1cmしていただいたサイズ

でよろしいかと思います。


<正面付けの採寸方法>

取り付け方法を「正面付け」に決定していただきましたら、

まずは、窓枠の外側の横幅と高さを測りましょう。

採寸をしていただきましたら、
測っていただいた寸法をもとに、 ブラインドのサイズを決めます。

ブラインドのサイズの決め方としましては、

横幅、高さ共に測定した寸法または 測定した寸法 + 1cm~4cm程度

で、よろしいかと思います。

以上で、基本的な採寸方法のご紹介となります。

ブラインドをご検討いただく場合は、参考にしていただければ幸いです。

少々短いですが、今回の更新は以上になります。

次回は「ブラインドの採寸方法について②(その他の注意点)」を
紹介させていただきますので、

今後とも「木製ブラインド、ウッドブラインド激安通販のブラインド屋さん」を
よろしくお願いいたします。

ブログ記事一覧へ戻る

  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス